精油のブレンドで引き出されるブルガリアンローズの効能

●ブルガリアンローズ精油(ローズ・オットー)の効果
●香りの系統ごとの相性は?
●ローズオットーをブレンドする時のポイント
●組み合わせで相乗効果!ブルガリアンローズのブレンドレシピ
 

ブルガリアンローズ精油(ローズ・オットー)の効果

ブルガリアンローズから作られる精油ローズ・オットーは、
それのみで使うと次のように心と身体に働きかける効果があるとされています。

【心へ】
ネガティブな感情やストレスで落ち込む心を落ち着かせ、
明るくポジティブな気持ちへ導きます。
リラックスさせて不眠症状をやわらげたり緊張をほぐしたりする働きがあります。

【身体へ】
ホルモンバランスを整え、生理痛や更年期など女性特有の症状を緩和。
血液循環を活発にして血液をきれいにし、全身の働きを活性化する強壮効果があります。

【肌へ】
毛細血管の働きを強化し、新陳代謝の促すほか保湿・収れん(引き締め)・抗菌などの
作用があります。使う人の肌質を選ばず、乾燥や敏感肌・年齢肌お悩みの人には特に有効です。

また、ローズ精油は妊娠中の人は使用を控えてください。
 

香りの系統ごとの相性は?

精油は大体7種類の系統にわけられ、系統ごとの相性があります。
系統ごとに①~⑦の番号を振りました。それぞれ隣同士の番号は相性が良いそうです。
(①と⑦も相性が良いです)

① ハーブ系(ローズマリー、タイム、ペパーミント)
② 柑橘系(グレープフルーツ、ベルガモット、オレンジ、レモン)
③ フローラル系(ローズ・オットー、ゼラニウム、ジャスミン・アブソリュート)
④ エキゾチック/オリエンタル系(イランイラン、サンダルウッド、マヌカ)
⑤ 樹脂系(フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラ)
⑥ スパイス系(クローブ、シナモン、ジンジャー、バニラ)
⑦ 樹木系(ローズウッド、ティートゥリー、ユーカリ、ヒノキ)

 

ローズオットーをブレンドする時のポイント

フローラル系統のローズオットーは、同じフローラル系統の精油か、
柑橘系・エキゾチック系/オリエンタル系と相性が良いそうです。
同じ系統のゼラニウム・ネロリ・ジャスミンなどとブレンドするとハズレがなく、
隣の系統の柑橘系のベルガモット・マンダリンなどの爽やかで甘い香りや、
オリエンタル系のパチュリ・イランイランなどの奥行きのあるスパイシーな香りも合わせやすいようです。
そのほかの系統でも、樹脂系のベンゾイン・フランキンセンスなどは相性が良いと言われています。

身にまとう香水を精油で作る時は、揮発速度を意識してみてもいいかもしれません。
揮発速度とは、速いほど最初に香りが強く感じられる『トップノート』になり、
30分~3時間程度香るものは『ミドルノート』、
もっと長持ちで数時間~一日経っても香りが残る精油は『ベースノート(ラストノート)』になります。

ざっくり分けると、トップノートになる精油は柑橘系・ハーブ系に多く、
ミドルノートに多いのはフローラル系とスパイス系、ラストノートに多いのは樹脂系と樹木系だそうです。
ローズオットーは上記の通りミドルノートにあたるので、
トップノートやベースノートになる精油と組み合わせると、より本格的な香水らしくなるかと思います。

精油のブレンドはバランスでも香りの印象が変わるので、
自分の好みを少しずつ探りながら心地良い配合を見つけるのがアロマの楽しみ方の一つ。

また、 ローズオットーは精油の中でも香りが強いので、精油全体の分量に対して4分の1以下にすると
いわゆる”ローズの香り“ではない新鮮な香りを引き出せるかもしれません。
精油の分量のうち半分以上をローズオットーにすると、組み合わせる精油でニュアンスは変わっても
甘い花の香りがベースになることが多いようです。
 

組み合わせで相乗効果!ブルガリアンローズのブレンドレシピ

※最小限の場合の精油の滴数なので、使用方法に合わせて変えてください。

~保湿効果・収れん効果を実感する~


ローズオットーは保湿効果や収れん(引き締め)効果に優れた精油。
ブレンド精油はせっけんや化粧水など自作のスキンケアコスメに入れてもよし、
コリや疲れが気になる部分にマッサージオイルや湿布で浸透させるのもオススメ。

しわ&美白

みずみずしいメロンのような、甘さとグリーンを感じさせる香り。
ネロリ …1滴
ミルラ …1滴
ローズオットー …2滴

目の疲れに

落ち着きのある、少し和を感じさせる香り。
ニアウリ …2滴
ラベンダー …1滴
ローズオットー …1滴

~リラックス効果を実感~


鎮静作用があり前向きな気持ちを助ける効果のあるローズオットー。
ローズオットーをブレンドした精油でディフューザーや芳香浴などで
香りに包まれながら深呼吸するのがオススメ。

【イラ立ちを鎮めたい】 女性らしく上品でやさしい高級感のある香り。
ラベンダー …2滴
ローズオットー …1滴

【緊張をほぐす】 ほんのりスパイシーなアジアンテイストの香り。
カモミール・ローマン …2滴
ベルガモット …1滴
ローズオットー …1滴

【不安をやわらげる】 やさしく控えめだけれど、甘さと華やかを感じられる香り。
ゼラニウム …2滴
マンダリン …1滴
ローズオットー …1滴

【不安定な気分や悲しみをいやす】 さわやかに立ち上る大地と植物の香り。
クラリセージ …2滴
プチグレン …1滴
ローズオットー …1滴
※妊娠中・車の運転前などはクラリセージの使用を避けた方がいいみたいです。

【元気をチャージ】 穏やかな甘みでハッピーな気分になれる香り。
オレンジスイート …2滴
ベンゾイン・レジノイド …1滴
ローズオットー …1滴

【穏やかな気持ちで眠りたい】 フレッシュで青々しさもある自然なバラの香り。
ベルガモット …2滴
ローズ・アブソリュート …2滴

【ほっと一息つきたい時に】 やさしい甘みで安らげる花の香り。
ローズ・アブソリュート …2滴
パチュリ …1滴
マンダリン …1滴

~ローズの魅力を堪能する~


男女問わず多くの人を魅了し続けるローズの精油はそのままの純粋な香りは素晴らしいもの。
しかし、香水の原料にもなるローズオットーで趣向を変えたブレンドで
印象的な香りを創り出し、自分や空間を演出するのもいいかもしれませんね。

【若々しく清らかなイメージ】 誰からも好まれる石けんのようにさわやかな香り。
シナモン・リーフ …2滴
パチュリ …1滴
ローズオットー …1滴

【気取らず爽やかなイメージ】 森林浴した時のようなみずみずしい香り
フェンネル …2滴
ローズマリー …1滴
ローズオットー …1滴

【着物も似合う淑女のイメージ】 清潔感のある甘さが特徴のおしろいのような香り。
ジャスミン・アブソリュート …2滴
ローズオットー …2滴

【奥深く知的なイメージ】 大人の余裕を感じさせるスパイシーで甘い香り
ローズオットー …2滴
アンジェリカルート …1滴
ジャスミン・アブソリュート …1滴

【ミステリアスなイメージ】 甘く幼い香りと深い大人の香りが交互に訪れます。
パチュリ …2滴
ローズオットー …2滴

【奔放で刺激的なイメージ】 熟した果実のように濃厚で甘くフレッシュな香り。
イランイラン …1滴
サンダルウッド …1滴
ローズオットー …1滴

【素朴で可憐なイメージ】 どこか少女らしい、爽やかなフルーティさと甘みのある香り。
ローズオットー …3滴
ローズウッド …1滴

【凛とした大人のイメージ】 深い静けさの中にスパイシーさと甘さが漂う香り。
パチュリ …3滴
ローズオットー …1滴

【華やかで魔性のイメージ】 むせるほど濃厚なバラの存在感が引き立った香り。
ゼラニウム …2滴
ローズオットー …2滴

【明るく透明感のあるイメージ】 軽やかな清潔感のあるフローラルな香り。
ローズウッド …2滴
ローズオットー …2滴

※精油のレシピ・分量は小泉美樹著「すべてがわかるアロマテラピー大事典: 精油を楽しむ333のレシピ」より