自宅で楽しむブルガリアンローズ~お手軽or本格派~

<目次>

●ブルガリアンローズの香りを手に入れる
●ブルガリアンローズ精油(ローズ・オットー)の効果
●すぐできる!芳香浴の楽しみ方
●ブルガリアンローズ精油で作るオリジナルコスメ

●ブルガリアンローズの香りを手に入れる●

ブルガリアンローズの香りを楽しむには精油など原料を手に入れることもできますが、
「まず香りを試したい」と思う人には、精油を使用した製品(サプリ・化粧品など)か
ローズウォーターなどがおすすめです。

その理由は、精油の価格。水蒸気蒸留法によって作られる100%天然由来の
ローズ・オットーは生産量が限られた精油なので毎年値段が高いのが難点。
日本でブルガリアンローズ精油(ローズ・オットー)を購入しようとすると、
1mlで5,000円ほど。精油の中でもトップクラスのお値段です(*_*)

香りを試してみたいなら、本物の精油を使用した美容商品(スキンケア・ヘアケアアイテム)や、
少量から試せるサプリやローズウォーター(芳香蒸留水)が比較的気軽に試せると思います。
精油を蒸留する際に副産物としてできる芳香蒸留水(フローラルウォーター)は、
500mlのものが2,000円~4,000円で購入できます。

もちろん香りが濃いのは圧倒的にローズ・オットーですし、含まれる成分のバランスが違うので
香りの質も微妙に変わりますが、ローズ・オットーが持つ精油成分の効果がプラスされた美容商品や
そのまま化粧水としても使えるローズウォーターはブルガリアンローズ初心者にはピッタリ!

●ブルガリアンローズ精油(ローズ・オットー)の効果●

ブルガリアンローズから作られる精油ローズ・オットーは、
次のように心と身体に働きかける効果があるとされています。

【心へ】
ネガティブな感情やストレスで落ち込む心を落ち着かせ、
明るくポジティブな気持ちへ導きます。
リラックスさせて不眠症状をやわらげたり緊張をほぐしたりする働きがあります。

【身体へ】
ホルモンバランスを整え、生理痛や更年期など女性特有の症状を緩和。
血液循環を活発にして血液をきれいにし、全身の働きを活性化する強壮効果があります。

【肌へ】
毛細血管の働きを強化し、新陳代謝の促すほか保湿・収れん(引き締め)・抗菌などの
作用があります。使う人の肌質を選ばず、乾燥や敏感肌・年齢肌お悩みの人には特に有効です。

ブルガリアンローズの香りは、気持ちを明るくする精神面への作用だけでなく、
電気信号となって脳の自律神経・免疫・ホルモンをつかさどる部分を刺激するので、
ホルモンバランスを整えるなど身体への作用もあるそうです。
スキンケアや蒸気浴に精油を使えばお肌への効果が期待できます。

また、ローズ精油は妊娠中の人は使用しないように気を付けてください。

●すぐできる!芳香浴の楽しみ方●

芳香浴とは、森林浴のように香りを浴びて楽しむ方法。

ブルガリアンローズの芳香浴は、疲れた時の気分転換や気持ちを上向かせたい時におすすめ。
ディフューザーやオイルランプなど専用のものがなくても手軽に楽しめて効果も実感できますよ~

【ティッシュに一滴】
折りたたんだティッシュに1滴垂らすだけ。一番お手軽に楽しむ方法かも。
精油は揮発性が高いので、机の上に精油を染み込ませたティッシュを置くだけで香りを楽しめます。
ティッシュは小皿の上に置くなどして机に直接触れないようにするのがベター。
精油が机表面の塗装などを変質させることがあるそうです。

また、応用で精油のついた面を内側にして折りたたんだティッシュを枕の下に入れれば、
お気に入りの精油の香りを楽しみながら眠りにつくことができます。
これは旅行先などでもサッとできるので、旅行先で眠りが浅いなどのよくあるお悩みの解決策にも
なるそうです。

【マグカップ・洗面器の湯気で蒸気浴】
お湯をはったマグカップに1滴、もしくは洗面器に2~3滴精油を落とし、
よくかきまぜてから3~5分間蒸気を浴びます。

大き目のタオルをかぶって、立ち上る湯気を閉じ込めるようにすれば
香りのよい蒸気が顔からデコルテまでやさしく包みます。
深呼吸しながらリラックスしましょう。

この時は湯気に含まれる精油成分が目に入らないよう、必ず目を閉じていてください。
ローズの香りのスチームは、肌をあたためながらやさしく保湿しますが、
ほかの精油でもスキンケアや喉のケアに活用できます。

【バスタブで身体ごと温めながら】
精油を5滴ほどお風呂の湯に混ぜれば、香りと精油成分が心と体両方にはたらきかけます。
体が温まり皮膚の毛細血管まで拡張しているので、皮膚からの吸収も促されます。
女性らしい気分を高めるブルガリアンローズの香りは、
美容に不可欠な充実のバスタイムを彩るのにおすすめの方法です。

手だけ、足だけの部分浴でリフレッシュをしたい時にも精油を数滴混ぜても◎

●初心者でも簡単!ブルガリアンローズ精油で作るオリジナルコスメ●

手に入れたブルガリアンローズ精油もしくはローズウォーター。
「せっかくだしもっと活用したい」と思ったら…
アロマ初心者でも簡単に挑戦できるコスメレシピを試してみませんか?

手作りコスメには通販しないと手に入らないような“原料”が必要になることが多いのですが、
ここで紹介するのはどこのドラッグストアでも手に入る原料で作るレシピだけ。
しかも、工程が簡単でアレンジが効くレシピなので、アロマに不慣れな人も手作りを楽しめます。
精製水や無水エタノールはお家のお掃除などにも役立つので家に常備しておいても良さそう♪

【アロマローション】
・遮光瓶
・精油 …5滴
・精製水 …大さじ3(45ml)
・無水エタノール …小さじ1(5ml)
(+ホホバ油など植物油orグリセリン …小さじ1(5ml)以下)

作り方はとっても簡単。瓶の中に精製水以外を入れ、瓶を軽く振って混ぜます。
次に精製水を入れ、瓶の蓋を閉めてよく振って混ぜたら出来上がり!
冷蔵庫に保存して、毎回使う前にも瓶を振って中身を混ぜましょう。

プレ化粧水としてさっぱり目にするもよし、冬は油分追加して保湿重視するのもよし!
少量ずつ作って自分に合ったアレンジをいろいろと試せるのがメリットです。
精製水の代わりにローズウォーター(芳香蒸留水)やミネラルウォーターを使ったり、
ホホバ油やグリセリンを1~5mlほど入れてしっとり系ローションにアレンジできます。

ローズ精油に抗菌作用があるとはいえ、一度作ったものは1~2週間ほどで使い切りたいので、
手のひらサイズの小さな瓶で作るのが丁度良いと思います。

【リユースソープ】
・小さくなった固形石鹸(手作り石鹸の素でもOK) …手元にある分/好きな分だけ
・精油 …石鹸10gに対し精油1滴以下
・お湯 …石鹸の15%~20%の重量分(使う石鹸が100gなら15ml~20mlの計算)

作り方は、まず均一に溶かすために石鹸を細かく(1cm角以下)刻みます。
細かくなった石鹸をポリ袋に入れて石鹸の重量に対して15~20%のお湯を加えます。
お湯の熱が冷めるまで待って水分を石鹸に馴染ませたら袋の口を結び、
湯せんで石鹸をゆっくり温めながら柔らかくします。
固形部分が残らず溶けたら鍋から取り出して精油を混ぜ、柔らかいうちに形を作ります。
型に入れてもいいですし、クッキーのように型抜きしても可愛いです♪

数日乾燥させて好みの固さになったら完成です。
精油の香りが飛ばない数か月以内に使い切るのがおすすめです。

※湯せんは70度(鍋の底面全体から泡が出る手前が目安。泡がボコボコ立つのは熱過ぎ)以下に
したいので弱火で行います。10分おきに石鹸を揉んでみて状態を確認してください。

【アイパック】
・使い捨てコットン
・ローズウォーター

眼を休ませたい時に、ローズウォーターを染み込ませたコットンをその都度用意するだけ。
まぶたの上に数分のせてパックすると、冷却・収れん(引き締め)・保湿等の効果を持つ
ローズウォーターが目の周りを潤しながらリラックスさせ疲れを癒します。

事務作業などで長時間PCやスマホを見ていると、眼精疲労がたまってしまいますよね。
私も年々視力の低下を感じてPC用の眼鏡を使い始めたのですが、“眼鏡をかける”こと自体に
中々慣れずに疲れてしまいます・・・
眼は身体の中でもつい酷使しがちなパーツなので、好きな香りに癒されながらスッキリできる
アイパックは眼の健康維持にピッタリです。